タグ別アーカイブ: 教育

サロンの品質問題〜スタッフ教育が重要な理由

こんにちは。
さとうまちこです。

【サロン運営課題】について、最近思うことをシェアします。
クチコミがお店選びの重要なポイントとなった現代
以前とは、起っている問題の表面化 が全然違うということを
実感します。

■今回書くのは「サロンの品質問題」________________

皆様はサロンの品質問題について、どのようなお取り組みをされていますでしょうか?

考えて頂きたいのは、
工場で作られる食品に、なにか小さな不備があれば、かなりの問題になりますよね。

しかしわたしたちのような「美容サロン」において、
提供されるものが「モノ」でないため
そのような「不備」が、分かりづらいのです。

わたしたちは、形のないサービスを提供しているからこそ
【品質管理】に、もっと意識を持つ
べきだと思います。

実際、お客様が思っていたサービスと違った場合、
つまり「不備」があった場合、
それはお客さまの「心の中に、刻まれます」

そして、それを解消したい時、
「クチコミに書く」「友人に話す」「名前が出ないサイトに書く」などの
【行動】をされます。

不備があった時「それを伝えてくれるお客様」は、数%でしょう。

嫌なことを伝えるということ自体、心が疲れますので**
多くの方は,「わざわざ伝える事」をしません。

■サロン品質を計るもの、なにか持たれていますでしょうか?_________

店長やオーナーが素晴らしい技術を持っていても、
雇っているスタッフが、育っていない場合

「育っていないスタッフに技術を担当させる」

結果、お客様は不満に思います。

ということはつまり
【サロンの品質問題が低下する】
ということです。

つまり「サロンの品質問題」と「スタッフ教育問題」は密接なのですよね。

■売上が良くても「悪徳サロン」!?__________________________

サロン運営は、よく異業種の社長さんが「美容のお店もやろう」と立ち上げる事も
少なくありません。

そして、店長に「よく出来る人」を連れてきて、スタート。

そこまではよいのですが、
スタッフが数名いる場合、「教育」が重要になってきます。

サロン業務は「接客」「技術」がサービスになりますので、
やはり「人」が行なう事

一定にするのは難しいもの。

だからこそ「教育」が必要なのですが、
実際サロンワークを行なっていると、「教育する時間がない」ということにも、直面します。

結果、育っていないスタッフを技術に入れてしまう事も多いようです。

すると、何が起るか?

「不満が出る」
「不満を言えない=言ってもらえない」
→結果 評判が悪くなる

ことが起るわけです。

しかも現代は、ネット環境がありますので、
以前とは比べ物にならないくらい「評判が見える化」されています。

実際に、どんな「評判」があるかというと
◯体験は上手い人だったけど、担当が変わったらすごく下手〜この差はなに?!
◯やたら色々なものを勧めてくる〜相当上から言われてるの?

というような心の悲鳴のような「お客様の不満」です。。。

実際は、そこまで「悪いサロン」でなくても、
傷ついたお客様の放つ言葉だけを見ると、「悪徳サロン」になっています。。。

これはでも、やはりサロン側に問題があります。
そういう気持ちにお客様をさせた「事実」があるわけですから。

こういった場合、店長はよく出来る方で、お店の売上もそこそこあげっているので
そういった「お客様の不満」という
◯問題が起っている

ことが、わかりづらい場合が多いのです。

売上がそこそこ上げっている時こそ
問題に気付く事が重要
なのですが、
これがなかなかできないようです。。。

こういった「問題の芽」を早くつめれば良いのですが、

サロン運営には大きく分けて、2パターンあり
◯経営社=運営者=店長 のサロン と
◯経営者→店長      のサロン では

「起っている問題が、違う」ことが多く、

◯経営者→店長 という
経営者と店長が別 の場合は
こういった「現場の品質問題」が表面化されないことが多い様に思います。

売上が良いことと、多くのお客様を満足に導いている ことは、別です。
起っている問題を、注意深く見極める必要があります。

サロン売上がかなり落ちてきてから、気付くのでは。。。
多くの場合が手遅れです。。。

■気付くきっかけを・・・_______________________

問題、課題は

気付いて取り組むことで、
逆に、良い方向へ向かう事が多い
ものですが、

多くのサロンさんは、売上の「数字だけ」を見て
「売上の中身」を見ていません。

是非、売上の中身 を大切にして、
お客様への貢献を、明確にしたサロン運営をしていただきたいと
思います。

そのために、「サロン評価」が多角的に理解できるサロンドックを現在弊社で製作しています。

売上の中身、
短期的な売上なのか
長期的な売上なのか

それがわかるツールを作っていき、
単なる評価で終わるのではなく、サロン運営の改善ステップを見える化していくことで
多くのサロンさんが「見えづらい課題」にもしっかり着手して、
長く続くサロンさんであれるようにと、思います。

おひとりおひとりを、
大切にしていくサロンワークを・・・。

その基盤である、運営もがんばっていきたいですね♪

ひとことで変わる、空気感

みなさま、こんにちは。

さとうまちこです。

気持ちの良い季節ですよね♪

接客業の方は、GWも変わらずお仕事されている方が多いですよね^^(私もです^^;)

接客業が長いと、

「このお客様は、こういうことを言ったら、喜ばれるかな〜♪」とか

「こういうことを言っちゃ駄目だよね・・・><」とか、

直感や感性で判断して、お話を進めていくことが多いのですが、

もちろん間違えて「ことば」を出してしまうこともあります。

結局、人はパターンでは読み切れないですし、

(そうやって読まれたら、自分だって良い気持ちはしないですよね^^;自分が良い気持ちがしないことを、やってはいけないと思います。)

接客のむつかしいところは、そういった

「教科書通りにいかない」ところだと、思います。

 

先日、ひさしぶりにベテランスタッフの接客練習で

気付く事がありました。

その方はベテランなので、技術も接客も、上手なのです。

それでもみんな、「カウンセリング練習」はします。

もちろん後輩の為に、、、もありますが、ご自身も率先して行ないます。

上手いからといって練習しないと、やっぱり過信がうまれますものね。。。

そして、そのベテランのスタッフさんは、カウンセリング練習の中の「提案の会話」の時、

「最近はみんな、◯◯にしますよ。」

と、おっしゃったのです。

その何気ない一言に、

一瞬空気が変わりました。

つまり・・・

そのお客様にとって

「みんな◯◯している」

ということは、NG ワードに近いことだったようなのですね。。。^^;

その時のお客さま役は、「自己主張が強く、人のことは、気にしない。自分がしたいようにする」という意志の持ち主だったので、

「みんな、やってる」

と言われると、

「逆にやりたくない」

って、思ってしまうタイプだったのです。。。**

ということは、そのベテランさんが「誘導したい方向」に

適さない言葉を使ってしまった訳なのですが、、、^^;

 

お客様役は、それをさとられまいと^^;ニコニコしてるので、

それを見ている多くの方が、気づいていなかったのですが、

私は、「空気が一瞬変わったこと」を見逃しませんでした。。。

そして練習が終わった後、

「みんなやってる というところで、え?ってなったでしょう?」と、お客様役に聞いたところ

「!!ばれないようにしたんですけど(笑)わかりました?^^;」と、嫌な気持ちになったことを認めてくれました。

「正直、それ、私にいちばん言っちゃ駄目な台詞なのに〜って、思ったのですが、、、相手が先輩なのもあって、ごまかしちゃいました。。^^;」とのことでした。

 

その言葉の後は、「なんとなく聞く気持ちを失ってしまった事」など、私の問いかけから、お客さま役の方は正直に話してくれました。

そのことは、ベテランスタッフも「そうだったんだ〜++」と、大きな気付きになったようで

改めて、こういった「気付かなかった自分」に「気付くきっかけ」は大事だな〜と、思いました。

 

私はこういった「カウンセリング練習」を、たくさん行ないますが、

これは「正解を教える授業」ではありません。

 

正解はひとつではなく、

「正解はたくさんある」ことを知り

「正解を探す感性を、育てるレッスン」を行なっています。

もちろん、理論もお伝えしますが、

机上でいくら学んだって、

目の前の「お客様の様子」を「感じる」ことができなければ

すべては机上の空論になってしまいます。

 

理論の学びは「気づくきっかけ」となりますが

それを「実際にできるようになる」には

自身の「感性からレッスンする」ことでしか、やることの「筋肉」は育ちません。

日本人の教育は

「正解は、ひとつ」である事が多いので,

「間違えたら、恥ずかしい」という方が多くいらっしゃいますが、カウンセリング練習に、間違い はありません。

すべて「体験する」ことが、大切です。

 

『お客さまを、感じるレッスン』

私はそう伝えたりしますが、(だから、正解はない!からこそ、どんどんチャレンジしよう♪と)

相手を感じられてこそ、

スキルレベルが生きてきます。

お客さまを動かす前に、

お客さまを、感じる事。

みなさまへの質問_________

『言葉を出す前に、お相手をしっかり感じてから

言葉をだしていらっしゃいますか?』

_________________

コニュニケーションスキル以前に、大切なこと。

テキストにしづらいことですが、

これがなけれえば、伝わらない事は確かなので,

私はこれを、レッスンで行なっていきます^^♪

「ことば」を間違えたって、その方を「素直に感じる感性」さえあれば、間違えさも、超えられる。

だからこそ、接客のお仕事は面白いし、

信頼していただくことの有り難さを感じられる 素晴らしいお仕事だな〜と思います。♡

それでは引き続き、素敵な5月の日々を、

紡いで参りましょう^^♪