タグ別アーカイブ: 技術

加圧トレーニングをする理由

みなさま、こんにちは。さとうまちこです。

先日開催しました「接客セミナー」で、受講者の方から

「お話を聞いていると、接客も、運動みたいなイメージですよね!」とお伝え頂いた事がありました。

「そうなんです!」と思わず大きな声で話してしまいましたが、^^;

つまり、「接客も技術」と捉えた場合、

結果を出せる人は

●うまくいったパターン を自然と自分の中で蓄積していて、

故に「上手くいく為の再現性」も高いのだと思います。

逆に、「再現性」があることを、

【技術】といってもよいかもしれませんよね。

だから本当に「運動」とよく似ていると思います。

 

わたし自身、「技術を磨く」ということについて大切にしていることは、

「過信しない姿勢」と「感覚値の鋭敏性」

私自身はそれらのことを、運動をすることによって、

いつもフラットでいられるように工夫してきたように思います。

 

私の場合は、元々身弱かった身体を運動で治してきたので、運動については、25年以上「習慣化」されていますが、

もともとは、かなり無理を平気でしていました。。。(心を鍛える!目的の運動でしたので。。。^^;)

 

しかし年々単なる「運動」ではなく、「身体を使う」ことを大切にするという意識に変わっており、

身体を動かすことによって、

自身心身の姿勢 と 感覚値 について

「現状把握をしながら、リセット」をすることで、忙しくても健やかな心でいられる事を目指しています。

そして去年からはさらに、私の運動習慣に

「加圧トレーニング」が加わり、新たな感覚値が広がってきました。

 

私が行っているジムは「コスモス」という加圧トレーニング専門のジムです。

こちらのジムには普通に「マシン」があるため、加圧しながら「マシンでの筋トレ」を行なってもらえます。

マンツーマンで集中して30分の加圧トレーニングでは、なかなか追い込まれるので、毎回「もぅやだ。。。><」と思うのですが(笑)

毎回2つの視点で、気づきがあります。

1つは、「受ける側の感覚」〜コーチの必要性

2つめは、「脳の可動域を広げる」〜出来る範囲を決めつけていることに気づく ということ。

1つめの「受ける側の感覚」というのは、

どんな「サポート」をしてくださるかによって、パフォーマンスが変わる ということが「改めて解る」ということです。

私のコンサルティングは、コーチングも行なっているため、まさに「サポート」を相手に適した形にしていかないと結果が出ません。それには、サポートを受ける側に立つ ということも、重要な事だと常々思っています。

2つめは、「脳の可動域を広げる」ということは、

あ〜〜もう限界!と思ってから,さらに行ける!という筋トレ独特の(笑)瞬間の壁を超える事で、常日頃、そこまで限界は超えていないのだな〜と、改めて、気付く。。。

だったら、もっとできるじゃん!と。^^;笑

まぁ、実際の生活では、そこまで追い込んでいたら、ちょっと変な人なので(今でも充分変だと言われていますし^^;)そこで気付いて、さらに日常をきつくするとかまではしなくとも^^;

大切なことは、

「限界値を超える感覚」を「体感する」ことだと思います。

 

いつだって、進化していくには、脳と行動の可動域を広げていくことが必要です。

それには「体感」が一番重要。

私にとっての加圧トレーニングは、

脳の可動域を広げるストレッチでもあります♪

 

写真の左側に映っているのが、と〜っても信頼している

コスモス中目黒店の店長の市川さんです♪

(写真が切れてしまい、もうお一人のお顔が見えず・・・ごめんなさい。。**)

何事もですが、お相手に対する信頼がないと、サポートされたくないし++、サポートできない。。。

信頼できる方々に出逢えてるって、幸せだな〜と思います♡

今回の皆様へのしつもんは、


 

【ご自身の「脳の可動域」広げる工夫されていますか?】

弊社のコンテンツ「売上と接客力の上がるサロン学」も、皆様の脳の可動域を広げるツールでありたいと思って作っています^^♪

ではでは引き続き、

素敵な春時間を・・・♪