【マインドセット】売上は、お客様の「感情」です

私はお仕事の立ち位置として、様々な仕事をさせていただいていますが
一番大切なのは
「お客様との接点」だと思っています。

弊社の「業務」は
・組織・人事のコンサルティング
・チームデザイン(ビルディング)
が大幅に締めていますが、
それでも
「実際のお客様」と接点を持つ機会を、本当に大切にしています。

それは、なぜか?

売上を「数字」で、捉えないためです。

ビジネスをしていると、いつしか「数字」で捉えるようになったりするのです・・・

声を大にして、言いたいですが(笑^^;)

売上は単なる「数字」ではありません。

売上は「お客様の感情」の結果です。

ですから、

・幸せな感情 もあれば
・その時だけ幸せ な感情もあるでしょう

あるいは
・空気に押されて・・・ という感情もあるかもしれません。

結果として、
【どんな感情が、集約されたものなのか?】

で、
その数字が、続くか、しぼむか、広がるか・・・

その先が、決まるのです。

先日も美容院に勤めていた方が
「会社の先輩が独立されて「運営」しだしたら、以前の先輩の良さ・・・
お客様のことを思うとか・・・そういう良いところを感じなくなってしまった」
というお声をお聞きしました。
結果的に、彼女も「お客様」として「お店に、行かなくなってしまいました・・・」とのことでした。

こういうことって、
つまり「思い」って、やっぱり空気にでてしまうのですよね。。。

運営者でも、いちスタッフでも、
やはり大切なものは【マインドセット】だと、思います。

つまり、自分の心のあり方。

お店という空間では
お客さまの「人生」に、関わることをさせていただいているのですから

そのひとつひとつ
メニューを選ぶその「ひとつ」だって

やっぱり重要なことなのです。

「人生」に関わること?

そんな重要なこと!?

と、思われるのであれば

そのお相手への「思いの深さ」が、
実際に貴女がお客様から「信頼をいただく深さ」につながるのではないでしょうか。
。。

先日の販売員研修でも

「お客様に、うまく勧められない・・・」
というスタッフさんがいらっしゃいました。
しかし正確には
勧める 以前に

そのお客さまが、本当に必要なものなのか
を、そのスタッフさん自身が
決めていない
のです。

自分が、決めていないのに

お客さまは、お金を払う身。

そんなに簡単に決められるわけがありません。

そこに、気づけるのか

「売りかた」がわからない・・・**
と、答えを探し続けるのか・・・

3年後は、まったく違う形になっていると思います。

大切なことは、
自分が、お客さまに対して

・どんな姿勢でいるのか?
その姿勢が強ければ、お客さまを「思え」ます。

お客さまを思うことは
自分都合で思うこととは、違います。

お客さまを本気で思うから
お客さまは、「決意」できる。

決意してはじめて「本当の売上」が作られます。

この「決意」がなければ、
そのときだけの売り上げ
となることでしょう。

売り上げにも「質」があります。

自分の「あり方」が、結果
売り上げという「形」にでる
のです。

それを知れる大切な機会
「売り上げ」という形
であることも

大切にしたいものです。

素敵なわくわくの感情の集約である
豊かな売り上げ

目指していきたいですね^^

私も現場で「素敵なわくわく」今日も作ります^^♪

ページトップへ