お客様を「教育」するということ

こんにちは。

さとうまちこです。

今日のテーマは、【お客様を教育すること】。

大事なことだと、言われていますが、

たしかに簡単なことではありませんよね。。。

 

教育 とは、一歩まちがえれば、「上から」になってしまったり、押しつけになりがちです。。。**

 

教育 以前に「信頼関係」があることが重要ですよね。^^

 

私は仕事柄、「エステの種類」を聞かれることが多いのですが、

意外なほど多くの方が、「エステの種類とその内容」を、あまりご存じないことに気付かされます。

エステは、ヘアと違って、「目に見えない」「感じる」部分も多いので、余計そうなのですよね。

 

だとしたら、通常の「商品」よりもずっと

「言葉」でお客様に、「商品=サービス内容」を伝えないといけないと思います。

わたし自身は、それを「訪問エステ」を始めた頃から特に気を付けるようになりました。

 

「訪問エステ」では、お客様のご自宅 をトリートメントルームにしていきます。

つまり、エステサービスで重要なポイントである「非日常感」が、訪問エステにおいては、

「モノ=非日常のお部屋 がない」ということで、マイナスポイントなのです。

もちろん「技術」だけで、満足はしていただけるのかもしれませんが、、、

 

「満足」では、だめだと思うのです。

毎回、「感動」して頂かないと

お金を払う意味がない というのが

わたし自身の考えであり、譲れない事だったので、

毎回毎回、自分の「パフォーマンス」で、どこまで

【この価値を、伝えられるのか?】

を、精一杯やっていました。

 

価値とは、

ここでしか、貴女にしか、できないこと です。

例えば、

◯お客様の今日のお体、お肌 について しっかり伝える事

というような「情報以上」の【自分にとって必要なメッセージ】をお伝えしたり、

◯エステの時間を持つという贅沢〜自分をケアするということ。空間やモノではなく、【「自分を感じる」という時間が、ケアであり、贅沢であること】

などなど

そういったこと、自分やお相手の価値観を含めて

「自分の言葉」でお客さまに伝える事がとても大切だと思います。

 

使っている化粧品のことを話すことも大事ですが、

お客様にとって「本当に、得たい事」は、

ホームページに書いてあるような事ではなく、

そのもっと奥にあると思うのです。

そのお客様の潜在的な「得たい事」を掘り当てて、

提供できたら、

「ここでしか受けられない事と場所」

 が、お客様の心の中で紐づくのではないでしょうか。。。★

 

「お客様を教育すること」

それは、「あることを、そのまま説明すること」ではなく

「本当にお客様が得たい事を、違う角度からも表現し、

心の底から納得していただくこと」

単純に「新しい情報」だけではない、教育。

 

 

新入社員さんに言う「お客様教育」ではなく、

もうひとつの「お客さま教育」。

「教える、育てる」その本質を、接客業であるわたしたちは

掘り下げ丁寧に向き合う必要があるように思います。

 

深い納得に、人は癒されます。

心と身体の、リラックスが

その方の、いちばん素敵な表情を、作るから。

 

「深いところで、癒される。。。」

 

そんな美容サービスが増えたらいいなと、

思います。^^

引き続き、光溢れるお時間を・・・★

ページトップへ