【サロン運営】なぜ、ここに来なければならないのか?

毎日忙しく仕事していると・・・

「忙しい」という
心を亡くすことばを使いたくはないのですが、

心は亡くさないけれども^^;

大切なことが、「やらなければならないこと」に占領されていることもあり
それはこわいな〜と、思います。^^;

今、私はコンサルタントとして
「価値を明確にする」立場にあり
「価値を伝える」立場にあるから

価値
そのものに対して敏感ですが、
その昔、普通にマッサージだけを行っていたとき
どのくらい それ=価値についてを考えていたのか?

ということを、よく思いだし考えます。

コンサルタントのような頭脳戦の場で「価値を考える」のと
店舗などの現場で「価値を感じる」ことには、
同じことを考えるのでも、
導き出されれる答えがまったく違う場合があります。

だからなのか
昔・・・エステが楽しくてしかたなかったエステティシャン時代を
よく思い出すのです。

■美容院 VS エステ !?__________________

以前美容院の中のエステで働いている時にいつも思っていたのが

お客さまが、
「美容院かエステか、どっちかしか行けない、時間・お金がない!」
という時
「エステだな!!」って、決めてもらいたい

ということでした。

これも「価値」を考えていることになります。
その時の自分は、そんな難しい?ことは思っていませんでしたが・・・

(「価値と表現」すると、少し難しい感じになってしまいます。が、運営者には、「価値」としてしっかり考えていただきたいので、価値と表現しています)

単純に、美容院とエステとあった時、
エステを選んで欲しいなって、思ったからです。

普通は「美容院」を選ぶと思います。
なぜならば「明らかに髪型が変わる=見てすぐわかる」のですから。

でも、私は、髪はアレンジとかでなんとかなるけど
エステ後のお肌のツヤや引き締まりは、自分ではできないこと!
だと思っていました。
しかも、雰囲気(オーラ)まで変わる方も多い・・・

だから、私はそれをお客さまに伝えなくちゃ!
と思っていました。

なんというか・・・
シンプルでした。

お客さまをハッピーにしてさしあげること
それが、わたしの幸せ!

と、確か毎日るんるん♪と、
馬鹿っぽいですが(今もそうですが**)
そんなことばかり言っていた気がします。。。

でも、それって「価値を伝える大事なこと」なんですよね。

シンプルだけど、まずは「そこ」が伝わっていないと、
商品やサービスだけなら、
他にも自分を満たすものはあります
ってことになる。

昔のわたしが言ってた話の内容は、
「エステを受ける時空間の価値」
「人生における、ケア時間の価値」

という話だったような気がします。。。

つまり、化粧品がどうとかではなく、美容とかではなく、
生きている「時間」を、どう扱うか・・・

この「大前提」を、まず自分が伝えなくてはと。
そう思っていました。

だから顧客さまになってくださった方は、
決して美容が好きな方 だけではなく
むしろ、「美容とかは別にすきじゃないけど、
ここに来るのが好き」
という方が多かったのです。

美容に時間とお金をしっかりかけられる方って、
かなり恵まれていると思います。

時間もお金も・・・限られた中で
「女性だから」
「美容を、やらなければいけない」

と・・・意外にも、楽しいはずの美容さえ
「義務」になっているようなことも

少なくないように思いました。。。

<美容は、どこか余裕がある方が行うもの>

実はわたし自身も、そう思っていたのだと思います。

でも、エステは、美容じゃない。

毎日忙しく生きている時間を、少しリセットして、
自分に戻る。

大切な時間。

「リセットする時間」

結果、綺麗になる。

わたしはそんなことを、お客さまとよく話していました。

でも、プロとして

「結果綺麗になる」こと
しっかり価値を提供しなくては!
と、
そこだけは、自然体ではなく、
明確に意思を持ち、行っていました。

そこの価値を明確にしておかないと
「形」で見せられる美容師さんに負けますから。(苦笑)

すべては、
お客さまが、決めるのですよね。

何が「価値」なのか、って。

必要だからやる
のか
自分にとって「大切な価値」があるからやる
のか

『来店』というシンプルな行動
実は、
その方の人生の選択
でもあるということ。

形に負けない、価値を提供するエステでありたい。

その「価値は、お客さまが決める」のであり
エビデンスより哲学が勝つことが
往々にしてあることを現実で見ているので、

コンサルタントの頭脳視点だけでは
見えない価値があること

よく思います。

お客さまの中に、価値を作る。______________

どんなにターゲティングを明確にして、
優秀な商品を揃えても、
お客さまの中に、価値が定義できなければ

その店に来る理由は
なくなります。

頭脳戦も大事だけれども、
もっと大切なことは、

現場で起こっている「それぞれの価値定義」だと
思います。

素敵な人生の時間を彩れるお店が増えていきますように・・・☆

【マインドセット】売上は、お客様の「感情」です

私はお仕事の立ち位置として、様々な仕事をさせていただいていますが
一番大切なのは
「お客様との接点」だと思っています。

弊社の「業務」は
・組織・人事のコンサルティング
・チームデザイン(ビルディング)
が大幅に締めていますが、
それでも
「実際のお客様」と接点を持つ機会を、本当に大切にしています。

それは、なぜか?

売上を「数字」で、捉えないためです。

ビジネスをしていると、いつしか「数字」で捉えるようになったりするのです・・・

声を大にして、言いたいですが(笑^^;)

売上は単なる「数字」ではありません。

売上は「お客様の感情」の結果です。

ですから、

・幸せな感情 もあれば
・その時だけ幸せ な感情もあるでしょう

あるいは
・空気に押されて・・・ という感情もあるかもしれません。

結果として、
【どんな感情が、集約されたものなのか?】

で、
その数字が、続くか、しぼむか、広がるか・・・

その先が、決まるのです。

先日も美容院に勤めていた方が
「会社の先輩が独立されて「運営」しだしたら、以前の先輩の良さ・・・
お客様のことを思うとか・・・そういう良いところを感じなくなってしまった」
というお声をお聞きしました。
結果的に、彼女も「お客様」として「お店に、行かなくなってしまいました・・・」とのことでした。

こういうことって、
つまり「思い」って、やっぱり空気にでてしまうのですよね。。。

運営者でも、いちスタッフでも、
やはり大切なものは【マインドセット】だと、思います。

つまり、自分の心のあり方。

お店という空間では
お客さまの「人生」に、関わることをさせていただいているのですから

そのひとつひとつ
メニューを選ぶその「ひとつ」だって

やっぱり重要なことなのです。

「人生」に関わること?

そんな重要なこと!?

と、思われるのであれば

そのお相手への「思いの深さ」が、
実際に貴女がお客様から「信頼をいただく深さ」につながるのではないでしょうか。
。。

先日の販売員研修でも

「お客様に、うまく勧められない・・・」
というスタッフさんがいらっしゃいました。
しかし正確には
勧める 以前に

そのお客さまが、本当に必要なものなのか
を、そのスタッフさん自身が
決めていない
のです。

自分が、決めていないのに

お客さまは、お金を払う身。

そんなに簡単に決められるわけがありません。

そこに、気づけるのか

「売りかた」がわからない・・・**
と、答えを探し続けるのか・・・

3年後は、まったく違う形になっていると思います。

大切なことは、
自分が、お客さまに対して

・どんな姿勢でいるのか?
その姿勢が強ければ、お客さまを「思え」ます。

お客さまを思うことは
自分都合で思うこととは、違います。

お客さまを本気で思うから
お客さまは、「決意」できる。

決意してはじめて「本当の売上」が作られます。

この「決意」がなければ、
そのときだけの売り上げ
となることでしょう。

売り上げにも「質」があります。

自分の「あり方」が、結果
売り上げという「形」にでる
のです。

それを知れる大切な機会
「売り上げ」という形
であることも

大切にしたいものです。

素敵なわくわくの感情の集約である
豊かな売り上げ

目指していきたいですね^^

私も現場で「素敵なわくわく」今日も作ります^^♪

ページトップへ