加圧トレーニングをする理由

みなさま、こんにちは。さとうまちこです。

先日開催しました「接客セミナー」で、受講者の方から

「お話を聞いていると、接客も、運動みたいなイメージですよね!」とお伝え頂いた事がありました。

「そうなんです!」と思わず大きな声で話してしまいましたが、^^;

つまり、「接客も技術」と捉えた場合、

結果を出せる人は

●うまくいったパターン を自然と自分の中で蓄積していて、

故に「上手くいく為の再現性」も高いのだと思います。

逆に、「再現性」があることを、

【技術】といってもよいかもしれませんよね。

だから本当に「運動」とよく似ていると思います。

 

わたし自身、「技術を磨く」ということについて大切にしていることは、

「過信しない姿勢」と「感覚値の鋭敏性」

私自身はそれらのことを、運動をすることによって、

いつもフラットでいられるように工夫してきたように思います。

 

私の場合は、元々身弱かった身体を運動で治してきたので、運動については、25年以上「習慣化」されていますが、

もともとは、かなり無理を平気でしていました。。。(心を鍛える!目的の運動でしたので。。。^^;)

 

しかし年々単なる「運動」ではなく、「身体を使う」ことを大切にするという意識に変わっており、

身体を動かすことによって、

自身心身の姿勢 と 感覚値 について

「現状把握をしながら、リセット」をすることで、忙しくても健やかな心でいられる事を目指しています。

そして去年からはさらに、私の運動習慣に

「加圧トレーニング」が加わり、新たな感覚値が広がってきました。

 

私が行っているジムは「コスモス」という加圧トレーニング専門のジムです。

こちらのジムには普通に「マシン」があるため、加圧しながら「マシンでの筋トレ」を行なってもらえます。

マンツーマンで集中して30分の加圧トレーニングでは、なかなか追い込まれるので、毎回「もぅやだ。。。><」と思うのですが(笑)

毎回2つの視点で、気づきがあります。

1つは、「受ける側の感覚」〜コーチの必要性

2つめは、「脳の可動域を広げる」〜出来る範囲を決めつけていることに気づく ということ。

1つめの「受ける側の感覚」というのは、

どんな「サポート」をしてくださるかによって、パフォーマンスが変わる ということが「改めて解る」ということです。

私のコンサルティングは、コーチングも行なっているため、まさに「サポート」を相手に適した形にしていかないと結果が出ません。それには、サポートを受ける側に立つ ということも、重要な事だと常々思っています。

2つめは、「脳の可動域を広げる」ということは、

あ〜〜もう限界!と思ってから,さらに行ける!という筋トレ独特の(笑)瞬間の壁を超える事で、常日頃、そこまで限界は超えていないのだな〜と、改めて、気付く。。。

だったら、もっとできるじゃん!と。^^;笑

まぁ、実際の生活では、そこまで追い込んでいたら、ちょっと変な人なので(今でも充分変だと言われていますし^^;)そこで気付いて、さらに日常をきつくするとかまではしなくとも^^;

大切なことは、

「限界値を超える感覚」を「体感する」ことだと思います。

 

いつだって、進化していくには、脳と行動の可動域を広げていくことが必要です。

それには「体感」が一番重要。

私にとっての加圧トレーニングは、

脳の可動域を広げるストレッチでもあります♪

 

写真の左側に映っているのが、と〜っても信頼している

コスモス中目黒店の店長の市川さんです♪

(写真が切れてしまい、もうお一人のお顔が見えず・・・ごめんなさい。。**)

何事もですが、お相手に対する信頼がないと、サポートされたくないし++、サポートできない。。。

信頼できる方々に出逢えてるって、幸せだな〜と思います♡

今回の皆様へのしつもんは、


 

【ご自身の「脳の可動域」広げる工夫されていますか?】

弊社のコンテンツ「売上と接客力の上がるサロン学」も、皆様の脳の可動域を広げるツールでありたいと思って作っています^^♪

ではでは引き続き、

素敵な春時間を・・・♪

 

自分に「スイッチ」を入れる方法

みなさま、こんにちは。

さとうまちこです。

弊社のコンサルティングは「仕組み化」をキーワードにしていますが、

仕組み化には、2種類あります。

それは、

【コトの仕組み】と、

それを実行する【人の仕組み】の2つです。

 

【人の仕組み】とは、どういうことかというと、

■人(自分、他者)が行動しやすい環境を作る

ということです。

例えば、「朝起きて、歯を磨く」

これを「何も考えずに行なっている」方は多いと思います。

これが「仕組み化されている」ということになります。

つまり、得たい結果に対して、「考えなくてもやっている」状態 ということですね。

■良い仕組み〜望む結果を得られる

■悪い仕組み〜望まない結果を得てしまう

自分の日々の行動が、そのどちらになっているのか?を見直して,

自分なりの仕組みを作っていくことが、成果を出す為に重要なポイントになります。

 

とても簡単なことでいうと、

例えば私の場合は、

【朝、スタバに行く】

という<行動>で、

【仕事へのスイッチ】を入れる

仕組みにしています。

 

私の場合は,長年一人で仕事をしていますので、

ず〜〜〜っと、「仕事モード」です。。。**

それって、良いような悪いような、、、ですが、^^;

【効率】という観点からすると「悪い」のです。

仕事は、「かけた時間」で見るのではなく、

「生みだす成果」で判断されますが、

「ず〜〜〜っと仕事」しているような方の状態

(経営者や個人事業主の方はそんな感じになりがちのようです**)

では、人のパフォーマンスは最大化されず

「生みだす成果」が低い場合が多いのです。

私は長年ひとりで仕事していきているので、

生みだす成果に対しての

◯良いパターン ◯悪いパターンは、自分で認識しているので、

●良いパターン を継続できるように、行動の改善をしつづけています。

そのひとつが、この【朝のスタバ時間】というわけです。

私の場合は、「動いている事が多い」ため

<デスクワークに集中する> ということが意外に難しく、、、デスクワークの効率が落ち気味でしたので、成果を出す為には、

「集中タイムを作る」ことが重要ポイントでした。

 

では次に「集中タイムをいつ作るか?」と時間を決めないと行けませんが、私の場合は「朝」にしました。

朝はさすがに電話もないですし、「集中する時間」にはもってこいです。

しかし、時間を決めても、「いきなり集中」することは難しいので、^^;

【場所を変える】ことで、集中しやすくなります。

そして、

■場所を変える→そこに行くと、集中する

と、身体が覚えてしまえば、

「何も考えなくても、集中ゾーンに入れる」ようになります。

 

こんな簡単なことですが、

これも仕組み化のひとつの例です。

単純に考えて、1日2時間集中して、4時間分の仕事ができれば、1年365日で、倍の成果がだせますものね。^^

「仕事」というのは、リソースが大事ですが、

【時間】は、皆様が仰るように

本当に重要なリソースです。

____自分にスイッチを入れるものは、どんなモノ、どんなコトを用意していますか?

毎日を、豊かにつなげていけるよう、

工夫や改善を、楽しんでいけるといいな♪と思います。^^

皆さまの今日も光溢れる一日を・・・★

自分のパフォーマンスを上げるには?

みなさま、こんにちは。

サロン運営コンサルタントのさとうまちこです。

入学、新人の皆様って、そのフレッシュな雰囲気で^^分かりますよね♪

春の空気は,やっぱり【明るいスタート】な雰囲気♪

わくわくしますね^^

さて、今日は

「成長」と「成功」の違いを、自身の中で明確に定義していますか? という質問から、「自分のパフォーマンスを上げる」ことについて書いていきます^^

_____________________________

年齢を重ねてきて、思う事。

それは、「言葉の意味は、深くなる」というのだということ。

ひとつひとつの言葉の意味が、「自分なりに明確」になると、

「相手が言う言葉の意味」との<違い>が分かる。

つまり、より「大きな価値観で、物事を捉えられる」ということ。

 

「同じ風景」を見ていても、

「得られる情報」が、まったく違うのですね。

 

本当に、年齢を重ねる事って、面白く有り難いな〜と

思います。。。^^

 

たとえば、仕事をしていると、よく出てくる「成功」と「成長」という言葉。

「成功」という言葉の定義は、「お金を儲ける事」「出世すること」など <ある一定の価値観>で捉えられていることも多いように思います。

しかし実際よく見れば、

価値観は,ひとりひとり違うので、

 成長=成功 の方もいらっしゃれば、

成功=お金儲け や

成功=生涯現役 など・・・

様々な価値観がありますよね。^^

わたしの場合は、成長と成功

どちらも大事だと思うのですが、、、

「成功」という言葉を日常的に使うには、少し違和感があるため、自分自身で「成功」と言う場面には、

【結果】という「言葉に変えて」使っています。

では、

______<結果>と<成功>の違いって、なんでしょうか?

「成功」という言葉は、「その意味を曖昧に定義」していると、その言葉の重みに押しつぶされてしまう様に思います・・・

「成功」を目指して頑張って、でもその都度「目指す成功」に届かなかったら・・・?

毎回私たちの心は、ダメージをうけてしまいます。

 

 ダメージとはつまり、「頑張っても,だめなんだ」というような、「自己評価が低くなる」ということです。

「自分は出来ない」と思う事は、自分自身のモチベーションの低下につながっていきます。。

でも、うまくいかなくても<これは、結果>だと思ったら、結果から学べばよいだけです。

「達成できなかった自分自身」より

【結果から学ぶ】ことに、フォーカスする。

すると「自分自身が、次、何を努力すればよいのか」が、見えてきます。

 

次の一歩を、どんな一歩にしていくのか。

豊かな一歩を踏み出すためには、【自分が使う言葉】も

【自分を活かすツール】になります。

 

成功 という言葉には、「圧倒的な勝利」の意味がある故に、

同時に、「成功していないこと=否定」の意味も入ってしまっているように思います。

実際は、誰しもどんなことでも、

【失敗して学びながら、成功に向かっています。】

(諦めなければ^^;必ず成果に向かっているのです。)

だから、未来を豊かにしていくためには「結果」から、何を学ぶのか?ということの方が重要ですよね。

^^

人の脳は、「否定をしながらパフォーマンスを上げる事」は難しく、自分が「出来ない」と思ったら、やっぱり出来ないのです。。。

 

私たちは,命ある限り「毎日、行動し続ける」わけですから

行動の源泉である、モチベーションは大切ですよね。

【成果を出すまでの行動を続ける】事ができたら、

その行く先に、自動的に何かしら「成功」すると思います。

 

その【何かしら】とは、何か?

それを決める事が、【仕事】なのだと思います。

つまり、その仕事で【どんな結果を出すのか?】

その内容と数字を明確にすること。

人生や仕事は、範囲が広いからこそ

「明確になっていないこと」がけっこう多いようです。

 

目的と資源を明確にしていくことを明確にして

少しずつでいいから進んでいく。

「進んでいない感」は、自身の「充足感の不足」になってしまいます。

そういった状態では、わたしたちの「パフォーマンスは最大限」に発揮できないのです。。。**

これは、わたし自身もそうでしたし、クライアントの皆様との体験でも学ばさせて頂いた事で、成果を出す為に重要なことだな〜とつくづく思う事です。

 

「成功」にこだわるのではなく、

「今を、しっかり丁寧に生きて」

「結果を出す」ことで「成功」する。

 

「成功を求める」のではなく、【結果、成功すること】

 

言葉の違いだけですが、「言葉の使い方」は、

私たちの脳には大きな影響を与えます。

自分が「大切にしていること」は、何か?

そして、「どんな結果を生みだしたいのか?」

そこを軸に、行動計画をたて、着々と進んでいくこと。

 

私にとっての「成長」は、そんな風に、

目指す目的地に向かって、きちんと進めている状態だと

捉えています。^^

 

さて、皆様はどうでしょう?

 

サロン運営者として、

技術者として、

会社員として・・・?

みなさまそれぞれのの

「成功とは、成長とは、なんですか?」

そしてそれは、

「あなたの幸せと、関わる皆様の幸せ」と、

つながっていますか?

自分なりの「成功=成長=幸せ」の定義ができていると、

【得たいものが明確】であるということでもあり、

日々のパフォーマンスが上がります。^^

 

是非、自身の価値観から見直して,

日々のパフォーマンスをあげていきましょう。

今日もお読み頂きありがとうございます^^★

エステの優雅な空気感!?の作り方

img_post01

うきうきする、春。
春の空気は私たちの心を
温かく、活動的にしてくれますね^^♪
事務所がある中目黒の桜は満開で、すご〜い人数の方々が毎日桜を見にいらっしゃっています♪
ですので、住人としては動きづらい季節なのですが^^;
でも、朝の桜をしっかり見られるので、やっぱり大好きな季節です^^

さてさて早速、初めての記事。
このサイトでは、サロン運営者やセラピスト、エステティシャンの皆様に、
「仕事への気づき」がありますように・・・
記事のテーマに沿った「質問」もメッセージと共に書かせて頂くようにしますので、お読み頂いたご感想も頂けると嬉しいです^^♪

今日のテーマは【エステの優雅な空気感とは?】_____________

「空気感を作れる人になりたいな・・・」
わたしはずっと、そんなことを思っていたようです。

その中の具体的な目標のひとつが、
「優雅なエステの空気を作る!」

しかもそれは、ゴージャスなアイテムはゼロで。
自分ひとりだけで、空気感を演出できたら。

人ひとりいるだけなのに、「優雅なエステの空気を作られる」
これができたら、プロフェッショナル!!

そう思ったのです! ^^;

なんじゃそりゃ??・・・ ですよね。笑^^;
(今なら自分に突っ込めますが、、、そのときは本気で思っていました^^;)

でも私は、そんなよくわからない目標を
(「空気」って見えないから、目標にしても「達成」が見えづらいですよね・・・笑)真剣にうちたてて、10年前からなんの装飾もない(むしろ大荷物で移動しますし、泥臭いくらいの・・・)「訪問エステ」をはじめました。

エステサロンでは、とても「ゴージャスな空間」や、「キュートな空間」で
トリートメントさせていただいていましたが、
その「空間の力」って、大きいなと思ったのです。
私は「空間の力」に、助けられているなと。

本物のプロフェッショナルであれば、
どんな場所でも、何もなくても、お客様に素敵な時間を提供できるはず!
そんなことを思った私は、優雅とはほど遠い「訪問エステ」をひとりで始めたのです。

その時の、わたしの目標
「ひとりでもエステ空間」
(文字にすると、面白い。。。笑^^;)

こんな目標は、「ちょっと変わった目標」であることは自覚していたので、
特にどなたかに話した覚えもありませんが、^^;
私の中では、<この目標を達成する為に「訪問エステ」をはじめた>
といっても過言ではない重要な要素でした。

そうやって訪問エステを続けた数年後に
あるお客様に言われました。

「不思議よねぇ・・・まちこさんがいるだけで、自分の部屋がエステになってるわ!どうしてなんでしょう?特に空間はなにも変わらないのにねぇ・・・」

お・・・!?これだ〜!やった〜〜^^!と思いました。。。
目標達成のひとつの瞬間でした。^^

訪問エステは、
お客さまのお部屋でエステトリートメントを行なうのですが、
必要なのは「私の身体」と「化粧品」だけ。

とくに「演出アイテム」もありません。

なのに、お客様に「この人がいるだけで、エステ空間になる」

そう言って頂いたとき、とても嬉しかったと同時に
私は、自分が努力を続けてきた「あること」に気付きました。

そして「あぁ!やっぱり!これが大事なんだ」
と、思ったのです。

その「大事なあること」とは何かといいますと、

「お客さまが感じる空気」は、
わたしたちが「お客様に味わって頂きたい空気」を真剣に「描いて」
そして、お客様より「先に」「味わっておく」ことが大事だということ。

この「プロセス」は目に見えないけれども、
必ずお客様には、最終的に「空気で伝わる」。

この「プロセス」こそが、重要だと思っていたので、エステの準備と同くらい、
「空気を作る準備」をしていたのです。
そんな、目に見えないプロセスが重要だという事を
お客様のお言葉を通じて、実感しました。

それでもその時私が考えていたことは,
「精神論」に近かったように思います。

それを真剣に「これは、精神論で片付けてはならない!」と考え始めたのは、
コンサルティングの現場で、
たくさんの【動いていない空気】を
なんとかしたい!!と、思ったからです。

【自分の気持ちが動いていないのに、
 お客様の気持ちが動く、空気をつくれるはずもない。】

でも、じゃぁどうやって!?

お客様に伝わらないのであれば
<味わって頂きたい「空気を作る「プロセス」>
を作っていないからなのでは・・・?

そう思ってみんなに「プロセス」を丁寧に説明することにしました。

そうやって「プロセス」を毎回お伝えしていくうちに、
だんだん「空気感の正体」が
わたし自身も、わかってきました。@@

良い空気を作る為には、いくつかのプロセスがありますが
一番重要なことは、動画でも話している
【自分自身の気持ち】 です。

【自分自身の気持ち が ハッピーな気持ち であること。】

なぜなら、
お顏の筋肉、つまり表情 には、気持ちが出ます。

すごく当たり前のことだけれども、
では、その重要なポイントひとつをとって
「ハッピーな気持ちであるために、
自分は、どれだけ努力をしているのか?」

そんな質問をさせていただくと
多くの方が
「ん〜、、、準備の方が忙しくて、自分のことは・・・」
と仰っていました。

もちろん、「仕事の準備」をすることで「どんどんハッピーになっていく!」
こともありますので^^
それであれば、大丈夫です。

でもそれが、「準備に集中して、自分の気持ちを忘れていたら・・・?」

そして、お客さまがいらっしゃった時に、初めて「スイッチ」をいれていたとしたら・・・?

お顔の筋肉も、身体の筋肉と同じなので、
やはり準備運動のように、柔らかくしておかないと、すぐには「動きたい動き=最高のウェルカムな表情」ができなかったりします。

でも、お客様にとっては「お店に入ってすぐ」が
これから過ごす時間の全ての価値 を感じるスタートの重要な時間。

つまり、お店の「第一印象」ですよね^^
「第一印象」を良くする為には、「気持ちを作る、準備」も必要だということ。

当たり前のことだけれども、改めて、自分に質問してみませんか?

今日の質問は、_________________________
毎日の「自分のご機嫌な気持ち♪」の為に、自分自身は
どのくらいの努力をしていますか?_______________

何事も、プロセスを丁寧に行なう事で、どんな方でも
ある一定の成果と結果は出せます。
その「プロセス」をお伝えする為に、「売り上げと接客力が上がるサロン学」を作ることにしました。^^

【成長したら、ギフトがある♪】

自分の成長と、それに伴うギフトを
お客様に還元していける

そんな時間を積み重ねていきたいですね^^♪

皆様には、いつも学びを共有していただいていること、
心から感謝しております。
ありがとうございます★

さとうまちこ

ページトップへ