思い

【ケアの本質】肌をケアする=脳のケア

先日、わたしの心の師匠である
脳科学者の黒川伊保子先生の事務所に伺いました。

久しぶりにお逢いする研究員の方も、変わらずピュアで面白く♪
そして、先生の新刊である「英雄の書」という本をいただきました。

黒川先生の本は、誰であっても読みやすいと思います。

先生の著書は「男女脳の違い」などが特に有名ですが、
それらをビジネスに応用する先生の行うビジネスが、本当に面白いと思います。

今回の新刊もまた、面白く勇気が湧いてくる1冊です。
__________________________
「脳は、失敗しなければ、成功できない。 
 脳は、孤高でなければ、特別になれない。」

帯に書いてある文章ですが、
黒川先生のメッセージは、すべてここにつきます。

多くの方が、失敗しないように・・・
共感を得なければ・・・
など思うことが多いようなのですが
それは、脳にとっての成長は引き起こせないのです。

精神論ではなく、科学的に。

成長を引き起こす と書きましたが、
成長は、作るものだと思います。

人の脳は、大差ないと
黒川先生もおっしゃっていました。

天才も秀才も、普通のひとも、
大差ない。

つまり、どんな人でも「特別な脳」なのだそうです。

では、結果を出す人は
なにが違うの・・・?

それはそのひと自身が「どうしたいのか?」を
どのくらい思い、行動したのか・・・?

ということのようです。

だからこそ、行動は大事だし
行動するほど「自分の思い」に気づくのです。

どうしたいのか?
は、グーグルに聞いても出てきません。

自分がどうしたいのか?は
自分しか分かりえないこと
です。

私たちは、
失敗しないと、成功もしないし
共感という外側の満足ではなく、
自身の内側が満足することで、
自分の人生は特別になります。

■エステケアと脳の関係性_________________

私はいまでも、エステトリートメントを行っています。
業務的にシフトしているので、
メインではなく、昔からのお客様だけのクローズですが・・・

でも、やっぱりエステや身体のケアが大好きです。
大好きだし、やっぱり自分にとって
一番大事なもののようです。

エステやケアって
まさに、脳のケア
 だと思っています。

私たちは、情報に囲まれて、共感に囲まれて
なんだか知ったようになった気分で生きていて
自分自身の不調にさえ、気づかない・・・

現代生活では、そういうことって多いと思います。

いくら情報をたくさん持っていても、
自身の心身の不調に気づく知性がなければ
自分自身にとっての「豊かな人生」など送れないのではないでしょうか・・・

身体には、知性がある。

その知性は、情報で動かされるのではないのです。

脳でいえば、無意識の97%:意識の3%でいうところの
97%の無意識の領域が活性化してこそ
身体の知性 は目覚めていく。

今は情報に溢れ
3%の意識が優位な時代環境。
しかも、その3%にはたくさんの「企業マーケティング=動かされるメッセージ」
を「目にする機会」が多いため、
自分の意思だと思っていたことが、
実は「企業のマーケティング」によって、引き起こされたことだったりします。

「流行の○○!」とか

ほんとうに・・・?

ほんとうに・・・それ、好きなの?
ほんとうに・・・それにピントきた?

自分自身の声 は
モノを選択する時以外にも

自分の人生を生きる時にも
大切なものです。

情報にまみれる社会。
97%の脳領域が鈍化しがち・・・
だからこそ、リセット。

ケアをする。

肌と脳はつながっており、
筋肉と脳もつながっている。

周りの環境ではなく、
自分自身の内側へ。

本来気づくべきことに気づく知性を
目覚めさせるケア。

それは、人でしかできないケアだと思います。

機械では、絶対できないこと。

機械では絶対できないことを、磨いていくことが重要な時代です。

こういう時代だからこそ、
本物、本質のケアが

きちんと在りますように・・・

そう在れるよう、わたしもエステケアの時間を
大切にしていきたいと思っています。。。^^

【サロン運営】なぜ、ここに来なければならないのか?

毎日忙しく仕事していると・・・

「忙しい」という
心を亡くすことばを使いたくはないのですが、

心は亡くさないけれども^^;

大切なことが、「やらなければならないこと」に占領されていることもあり
それはこわいな〜と、思います。^^;

今、私はコンサルタントとして
「価値を明確にする」立場にあり
「価値を伝える」立場にあるから

価値
そのものに対して敏感ですが、
その昔、普通にマッサージだけを行っていたとき
どのくらい それ=価値についてを考えていたのか?

ということを、よく思いだし考えます。

コンサルタントのような頭脳戦の場で「価値を考える」のと
店舗などの現場で「価値を感じる」ことには、
同じことを考えるのでも、
導き出されれる答えがまったく違う場合があります。

だからなのか
昔・・・エステが楽しくてしかたなかったエステティシャン時代を
よく思い出すのです。

■美容院 VS エステ !?__________________

以前美容院の中のエステで働いている時にいつも思っていたのが

お客さまが、
「美容院かエステか、どっちかしか行けない、時間・お金がない!」
という時
「エステだな!!」って、決めてもらいたい

ということでした。

これも「価値」を考えていることになります。
その時の自分は、そんな難しい?ことは思っていませんでしたが・・・

(「価値と表現」すると、少し難しい感じになってしまいます。が、運営者には、「価値」としてしっかり考えていただきたいので、価値と表現しています)

単純に、美容院とエステとあった時、
エステを選んで欲しいなって、思ったからです。

普通は「美容院」を選ぶと思います。
なぜならば「明らかに髪型が変わる=見てすぐわかる」のですから。

でも、私は、髪はアレンジとかでなんとかなるけど
エステ後のお肌のツヤや引き締まりは、自分ではできないこと!
だと思っていました。
しかも、雰囲気(オーラ)まで変わる方も多い・・・

だから、私はそれをお客さまに伝えなくちゃ!
と思っていました。

なんというか・・・
シンプルでした。

お客さまをハッピーにしてさしあげること
それが、わたしの幸せ!

と、確か毎日るんるん♪と、
馬鹿っぽいですが(今もそうですが**)
そんなことばかり言っていた気がします。。。

でも、それって「価値を伝える大事なこと」なんですよね。

シンプルだけど、まずは「そこ」が伝わっていないと、
商品やサービスだけなら、
他にも自分を満たすものはあります
ってことになる。

昔のわたしが言ってた話の内容は、
「エステを受ける時空間の価値」
「人生における、ケア時間の価値」

という話だったような気がします。。。

つまり、化粧品がどうとかではなく、美容とかではなく、
生きている「時間」を、どう扱うか・・・

この「大前提」を、まず自分が伝えなくてはと。
そう思っていました。

だから顧客さまになってくださった方は、
決して美容が好きな方 だけではなく
むしろ、「美容とかは別にすきじゃないけど、
ここに来るのが好き」
という方が多かったのです。

美容に時間とお金をしっかりかけられる方って、
かなり恵まれていると思います。

時間もお金も・・・限られた中で
「女性だから」
「美容を、やらなければいけない」

と・・・意外にも、楽しいはずの美容さえ
「義務」になっているようなことも

少なくないように思いました。。。

<美容は、どこか余裕がある方が行うもの>

実はわたし自身も、そう思っていたのだと思います。

でも、エステは、美容じゃない。

毎日忙しく生きている時間を、少しリセットして、
自分に戻る。

大切な時間。

「リセットする時間」

結果、綺麗になる。

わたしはそんなことを、お客さまとよく話していました。

でも、プロとして

「結果綺麗になる」こと
しっかり価値を提供しなくては!
と、
そこだけは、自然体ではなく、
明確に意思を持ち、行っていました。

そこの価値を明確にしておかないと
「形」で見せられる美容師さんに負けますから。(苦笑)

すべては、
お客さまが、決めるのですよね。

何が「価値」なのか、って。

必要だからやる
のか
自分にとって「大切な価値」があるからやる
のか

『来店』というシンプルな行動
実は、
その方の人生の選択
でもあるということ。

形に負けない、価値を提供するエステでありたい。

その「価値は、お客さまが決める」のであり
エビデンスより哲学が勝つことが
往々にしてあることを現実で見ているので、

コンサルタントの頭脳視点だけでは
見えない価値があること

よく思います。

お客さまの中に、価値を作る。______________

どんなにターゲティングを明確にして、
優秀な商品を揃えても、
お客さまの中に、価値が定義できなければ

その店に来る理由は
なくなります。

頭脳戦も大事だけれども、
もっと大切なことは、

現場で起こっている「それぞれの価値定義」だと
思います。

素敵な人生の時間を彩れるお店が増えていきますように・・・☆

【基本姿勢】一期一会を忘れていないか

担当している店舗のメンバーと、月に1回はお食事会をするようにしています。
(なかなか月1回は難しいのですが・・・)
行けた時は、やはり職場ではできない話ができるので、親睦が深まります。
仕事以外でコニュニケーションをとることって、大切ですね^^
みんなの笑顔を見ていると、みんなに出会えてよかったと
心から思います。

しかし、メンバーと職場以外で話す時も
結局わたしは仕事の話になってしまいます・・・**

ただ、正確には「仕事」の話 ではなく
「仕事をする時の心構え」の話
なのだと思います。^^;

いつも思うことがあるのです。

それは、
この一瞬は、二度とない一瞬
だということです。

自分の人生もそうですが、
お客様との出会いだって、そうですよね。

でもひとは、慣れる生き物。

「二度とない」と「脳が認識」するのは、脳的にも負担になるため
「いつもと同じ」という風に「処理」をするのです。
それが、自分にとって「脳的にストレスがない」からであり自然なことです。

しかし、現実的には「二度とない一瞬」を
毎瞬重ねている
のですよね。

そうやって、ひとりひとりが奇跡的に生かされている事実。

そして、
自分以外のひとと出会える確率は・・・?

たくさんの方がいる中で「出会えた奇跡」

ひとつひとつの出会いが、ほんとうに有難い。。。

毎日は「いつものこと」のように見えるけど

ほんとうは、奇跡の連続
なのだと思います。

だから、日常は、特別なもの。

接客で大切なことは、
そういうことではないかしらと、思っています。

つまり

「会えてよかった!」の瞬間を、いかに感じていただけるのか。

商品にも、ひとにも。

その瞬間をより多く感じていただくためには、
まずは自分が
「すでに感じている」
ことが大切だと、思います。

みんな、現代人は忙しい。

忙しい中で、お店に行きます。

でも、ほんとうは「時間はただ流れているのではない」こと

ふわっと、浮き立つ時間

「味わいたい時間」を持てることが、贅沢であり、幸せ。

それを提供できるのは、

自らの人生を、
慣れずに、今この瞬間を味わえていること。

スキルも大切ですが、
基本姿勢のないノウハウは、
結果がでません。

接客や営業などの「ひと」が主体になるサービスでは

やはり「基本姿勢」が大切のように思います。

今日というあたりまえ
その有難さ
に気づくことが

目の前のお客様への温かな観察眼を持つことに
つながるように、思います。

一期一会といいますが、
そこに感謝を持つことを、
いかに具体的に動けるのか。

人でしかできない接客は、
そこにあると思います。

素晴らしい時間を
味わう努力も、接客の基本姿勢。

素晴らしい時間を
「提供できる人」に
なりたいですね^^

瞬間瞬間を、大切に・・・

【サロン品質】「清潔」という贅沢

進んでいくごとに、気づくこと。

それは「あたりまえ」なんてないのだということ。

つまり「あたりまえ」というのは

作っていくものだということです。

そして「お店」というのは

「あたりまえ」という品質
試されているのではないかとも
思います。

たとえば、清掃。

掃除 という「あたりまえ」

【どんな基準で行うのか?】

それは同時に、
その店の「品質」を表すもののようにも思えます。

清掃というあたりまえの先に、
お客さまが受け取るのは

「清潔」な空間と空気。

最近思うのです。

清潔って、
実は、とても贅沢なことではないかしら・・・と。

贅沢であり、礼儀でもあり。

とてもあたりまえのことだけれども、

その店の「本質」を、表すもの

清潔という贅沢。

お客様への礼儀であるとともに、
すでにそれは

サービスでもあるということ。

改めて基本に立ち返るということ

時間が進むほどに
大切なことを忘れるのが人の常だからこそ

大切なことを忘れないようにする「工夫」は大切だと思います。

サロン運営のみなさまは、ぜひ

サロンに入った瞬間から

空気が変わる、空間作りを。^^

毎日を、気持ちよく生きる。

「いつも元気ですね〜」と
お伝え頂く事の多い私ですが、

実はそんなこともありません。

けっこうバテやすいので・・・^^;

ただ、たしかに
いつも元気」でいられるよう、最大限の努力はしています。

いつも思うのが、

状態が、結果を作る

ということ。

接客も、部下育成も、運営も、経営も。
すべて。

だから、いつも
自分自身の【良い状態】を作ることに、
一生懸命になるわけです。笑

でもそこに、一生懸命になりすぎる
つまり、ストイックすぎると、
それはそれで、疲れてしまいますよね。

だから、程々に・・・が良いとは思っています。^^

年々思うのは、「1日1日が積み重なって、1年になる」
という、あたりまえのこと。

このあたりまえを、
「あっというまに、1年たったね!」と、
大人になるほど「あっという間」に共感する会話が多くなるような気がします。

「あっという間」という言葉の表現は、
集中していて・・・という良い意味でも捉えられますので、
その表現自体には、良い悪いとかはないと思いますが、
「あっと言う間」と自分が言う時には、
「その真意」を自分に確認するように
しています。

それはなぜかと言うと
私個人的に「あっという間に」という言葉は、
時間と意思を丁寧に「意識しないまま、過ごした」
という
感覚があるからです。。。

毎日新しい時間を、ギフトを頂いているわけですので
「あっという間・・という過ごし方」をしないように
できるだけ丁寧に過ごしたいな〜
と。。。
これは、自分に対して注意していることのひとつです。^^;

本当に年々毎日の有り難さを思うので,
それをきちんと、
毎日の取り組みを丁寧に行なうことに落とし込む事が大切だと
思っています。

「今日という一日を意識」つまり、時間を大切にすること

効率化って言うと、なんだかそっけないけれども、
やっていることは、そういうこと。
ですが、結局は、「いかに気持ちよく過ごすか?」という
自責。

自分で責任を持てる事を、
増やしていくことって、

大人になって、やることが多くなるからこそ
大切なことだなって、思います。

●今日という1日の取り組みの精度を上げる__________
ということは、
●目標に向かって、どれくらい進捗したのか
ゆっくり考える時間を持つこと

だと、考えています。

朝は、のスケジュールの再構築とタスク整理
夜は、それらの振り返りと、出来事からの気づき。
気づきからのアクションまでを明文化。

これら、合計 20〜30分ほどかかりますが、
(けっこうかかる・・・笑)
これを行なうことによって、自分の行動の質、
思考の傾向が捉えれます。

捉えられると、
どこをどう修正するのか?
を、考えることができます。

忙しい時
でも、
何に、忙しいのか?

混乱の時も、
何に、混乱しているのか?

因数分解していけば、どんな大きなコトも、
ちいさな解決ステップが見えてくるものです。

→こういったことは、仕事が出来る先輩が
全員おっしゃっていて、それを実践することで、
理解できてきました。
_________________________________

こういった「思考と行動の整理」
意外に時間がかかるのですが(毎日2、30分って、かなり意識しないととれません)
これが出来ている時と、出来ていないときの生産性が
全く違うので,私は必ずこの時間を取れるように
スケジュールをたてています。

仕事をしていく上で
「生産性」は大事なポイントだと思います。
私の場合は,資料作成が多いので、数年前から作業時間を記録して,
自分の生産性を計る
ようにしています。

まだまだ本当に未熟なので、日々の目標をきちんとたてて、
楽しんでいこうと思っています。

暑い夏の日も、気持ちよい毎日を作っていきたいですね^^★

サロンの品質問題〜スタッフ教育が重要な理由

こんにちは。
さとうまちこです。

【サロン運営課題】について、最近思うことをシェアします。
クチコミがお店選びの重要なポイントとなった現代
以前とは、起っている問題の表面化 が全然違うということを
実感します。

■今回書くのは「サロンの品質問題」________________

皆様はサロンの品質問題について、どのようなお取り組みをされていますでしょうか?

考えて頂きたいのは、
工場で作られる食品に、なにか小さな不備があれば、かなりの問題になりますよね。

しかしわたしたちのような「美容サロン」において、
提供されるものが「モノ」でないため
そのような「不備」が、分かりづらいのです。

わたしたちは、形のないサービスを提供しているからこそ
【品質管理】に、もっと意識を持つ
べきだと思います。

実際、お客様が思っていたサービスと違った場合、
つまり「不備」があった場合、
それはお客さまの「心の中に、刻まれます」

そして、それを解消したい時、
「クチコミに書く」「友人に話す」「名前が出ないサイトに書く」などの
【行動】をされます。

不備があった時「それを伝えてくれるお客様」は、数%でしょう。

嫌なことを伝えるということ自体、心が疲れますので**
多くの方は,「わざわざ伝える事」をしません。

■サロン品質を計るもの、なにか持たれていますでしょうか?_________

店長やオーナーが素晴らしい技術を持っていても、
雇っているスタッフが、育っていない場合

「育っていないスタッフに技術を担当させる」

結果、お客様は不満に思います。

ということはつまり
【サロンの品質問題が低下する】
ということです。

つまり「サロンの品質問題」と「スタッフ教育問題」は密接なのですよね。

■売上が良くても「悪徳サロン」!?__________________________

サロン運営は、よく異業種の社長さんが「美容のお店もやろう」と立ち上げる事も
少なくありません。

そして、店長に「よく出来る人」を連れてきて、スタート。

そこまではよいのですが、
スタッフが数名いる場合、「教育」が重要になってきます。

サロン業務は「接客」「技術」がサービスになりますので、
やはり「人」が行なう事

一定にするのは難しいもの。

だからこそ「教育」が必要なのですが、
実際サロンワークを行なっていると、「教育する時間がない」ということにも、直面します。

結果、育っていないスタッフを技術に入れてしまう事も多いようです。

すると、何が起るか?

「不満が出る」
「不満を言えない=言ってもらえない」
→結果 評判が悪くなる

ことが起るわけです。

しかも現代は、ネット環境がありますので、
以前とは比べ物にならないくらい「評判が見える化」されています。

実際に、どんな「評判」があるかというと
◯体験は上手い人だったけど、担当が変わったらすごく下手〜この差はなに?!
◯やたら色々なものを勧めてくる〜相当上から言われてるの?

というような心の悲鳴のような「お客様の不満」です。。。

実際は、そこまで「悪いサロン」でなくても、
傷ついたお客様の放つ言葉だけを見ると、「悪徳サロン」になっています。。。

これはでも、やはりサロン側に問題があります。
そういう気持ちにお客様をさせた「事実」があるわけですから。

こういった場合、店長はよく出来る方で、お店の売上もそこそこあげっているので
そういった「お客様の不満」という
◯問題が起っている

ことが、わかりづらい場合が多いのです。

売上がそこそこ上げっている時こそ
問題に気付く事が重要
なのですが、
これがなかなかできないようです。。。

こういった「問題の芽」を早くつめれば良いのですが、

サロン運営には大きく分けて、2パターンあり
◯経営社=運営者=店長 のサロン と
◯経営者→店長      のサロン では

「起っている問題が、違う」ことが多く、

◯経営者→店長 という
経営者と店長が別 の場合は
こういった「現場の品質問題」が表面化されないことが多い様に思います。

売上が良いことと、多くのお客様を満足に導いている ことは、別です。
起っている問題を、注意深く見極める必要があります。

サロン売上がかなり落ちてきてから、気付くのでは。。。
多くの場合が手遅れです。。。

■気付くきっかけを・・・_______________________

問題、課題は

気付いて取り組むことで、
逆に、良い方向へ向かう事が多い
ものですが、

多くのサロンさんは、売上の「数字だけ」を見て
「売上の中身」を見ていません。

是非、売上の中身 を大切にして、
お客様への貢献を、明確にしたサロン運営をしていただきたいと
思います。

そのために、「サロン評価」が多角的に理解できるサロンドックを現在弊社で製作しています。

売上の中身、
短期的な売上なのか
長期的な売上なのか

それがわかるツールを作っていき、
単なる評価で終わるのではなく、サロン運営の改善ステップを見える化していくことで
多くのサロンさんが「見えづらい課題」にもしっかり着手して、
長く続くサロンさんであれるようにと、思います。

おひとりおひとりを、
大切にしていくサロンワークを・・・。

その基盤である、運営もがんばっていきたいですね♪

買いたくなる空気を作る。

こんにちは。
サロン運営コンサルタント
心からの行動で、価値を生みだす専門家の さとうまちこです。

接客を思う時、いつも思う事があります。

よく言われる、「クロージング」
皆さまは、意識されていますでしょうか?

私は・・・
クロージングという言葉が苦手です。。。

だって・・・クローズって・・・

「閉じる」ですよね・・・**

ものすごく「提供側」の言葉だな〜と、思います。。。

そもそも、わたしたちは、
お客様に貢献したくて、このお仕事をしている。

美容業界は、そういう方が多い業界だとも思います。

お客様への貢献とは、
「キレイになること」「健康になること」の具体的な方法の提示。

つまり、

そのお客様の素敵な未来に貢献できなければ、
わたしたちのお仕事の喜びもない

と思うのです。

ですが、やはり仕事なので・・・><と、売上を気にしていくと

「クロージングをしっかりして、チケットを売る様に!」とか
「クロージングをしっかりして、次の予約をとるように!」とか

上司に言われたり、自分も思い始めたりするわけです。

でも、よくよく考えてみましょう。

お客様にとって、「自分のキレイに役にたつこと」を見つけたら、
お客様ご自身
『それが、欲しくなる』。
はずです。

つまり、『欲しい』というお客様の感情は、
お客様の未来を作る「スタート」にもなっているわけです。

お客様のスタートを作っていくのに、

「クローズ」という言葉は、しっくりきません。。。

私たちは、

◯そもそも

のことを、忘れがちになったりするようです。

そもそも、なんのために?

そういった「問い」は、どんな事をするのにでも有効です。

エステの場合だったら、

◯そもそも、お客様のキレイへの貢献をしたい=それが私の仕事

だとすると、

それは、「クロージング」をすることではありません。

私たちの仕事は
「お客様が、キレイになれる!」とちょっと先の未来の自分に
ワクワクすることを、描くことです。

そして、それを伝える事です。

それがしっかり伝われば、お客様は

「行動したくなる」

つまり、お化粧品を買ったり、次のご予約をいれてくださったり。。。

クロージングなんかしなくても

お客様の方から「伝えてくださる」

わたしたちがすべきことは、

「次は、これがしたい」というお客様の言葉を
引き出すこと
ではないかと思います。

では、それをどうやって行なえばいいのか・・・?

6月のサロン学では、
その具体的な方法を、お伝えしていきます。

昨日店頭で、ご縁を頂いたお客様も、
クロージングなしで、お話の途中で^^;
おすすめしたい化粧品をすべてご購入頂きました。

それを見ていた他のスタッフさんは、「どうして??」と不思議がっていらっしゃいましたが、
私がしたことは、「お客様がしたくなるお手入れ」を探しただけです。

それは、クロージングとは全く別の事です。

お客様の「スタート」を探していたのです。

是非、みなさまも「普段使っている言葉」を
『お客様の立場になって』
見直してみてください。

上手くいくコツは、いつも行なっている接客のなかに
あたりまえのようにひっそりと、 
あったりします。。。♪

たくさんの素敵な笑顔に貢献できるよう、
皆様も、「クロージング」ではなく「スタート」を
意識してみてくださいね^^

それが「買いたくなる空気」を作ります♪

わたしたちも、お客さまも
素敵な時間を紡いでいけます様に・・・☆

「勘」が、結果を左右する理由

みなさま、こんにちは。
さとうまちこです。

お仕事で、美容だけでなく一般企業に対してお取り組みをさせていただくことも
多いのですが、よく
「なぜ、美容以外の業種も見ることが出来るのですか?」
と聞かれます。

それは、わたしが見ているのが「業種」ではなく、

【「結果」をだすまでの「行動」】
だからです。

結果を生みだすためには、【行動プロセスを改善】することが必要不可欠です。

たとえば「成功法則」なるものがあったとします。
しかしそれは「前提」となる状況が違えば、
それが機能しない場合もあるかと思います。

ですから、わたしは徹底的に【行動】を見ます。

もともとずっと接客業なので、ず〜っと「人の行動」を見ているんですよね。。^^;

自分も含む、人の行動を見ていると
面白いな〜と思う事が多々あります。

あたりまえのことですが、
「行動」に至るには、
様々な要素、プロセス
があります。

そして、その「プロセス」があるということは、様々な視点で研究されています。

例えば、
<期待の科学>という本がありました。_______________________

この本にあった事例で、ジョルデという研究者が、PK戦について分析されていました。

『イングランドサッカーで、なぜかPK戦を勝てないというジンクスを持っている事例』
つまり、
スポーツ選手でも「うまくいかない」という「予測をたてた瞬間」に、
身体がひっぱられてしまうということについて。

PK戦の成功・失敗がどこからやってくるのかを考えたそうです。

もともとPKは、85%くらい成功するということで、圧倒的にプレイヤー優位だそうなのですね。
(私はあまりサッカーを知らないのですが、、、^^;)

しかしなぜか、重要な試合だと、みな、失敗してしまうのだというのです。。。

研究者は、「プレイヤーがどの程度、このキックを不安に思っているかが、成否を分ける」と考えました。
そして、行動を見ていると

◯笛がなったら、早く蹴ろうとする
◯蹴ったら、すぐにキーパーから背中を向ける

などの「不安回避行動」が増えたのだそうです。

そして面白い事に、

「周りからの期待が低い二流、三流選手」ほど
技量が低いにもかかわらず、成功する
とのことでした。。。!!

しかも、過去にPKに負けた経験がある選手は、より負けやすくなり、逆は勝ちやすくなるそうです。

課題がむつかしくなってくると、
応援するひとが増えれば増える程、
結果は悪くなる傾向があります。

失敗を恐れて、慎重になりすぎるのです。

そんな風になってくると、なにが起るのか?というと

【勘が、狂う】

ことが起ってくるそうです。

一流選手が優れているのは、運動神経ではなく、相手のフォームなどに従った「予測能力」
だそうです。

わたしたちが「予測能力」を獲得するのは、ミラーニューロンの役割が大きいと考えられています。

そして訓練を重ねる程、この予測が早く、正確に、無意識にできるようになってくるそうです。

先ほどの話にもどると、
つまり「プレッシャー」は
この「予知能力」を損ないます。

そこで、プレッシャーに打ち勝つ方法として、
【細かい身体の動きや手順でなく、最終目標に意識を集中させる】というトレーニング方法が開発されているそうです。

これもエステ技術レッスンにおいて、私がやっていることと同じで驚きました。
(エステ技術に関しては、ご紹介のみでしか受け付けていないのですが。。。私が一番大切にしているものです^^)

例えばテニスであれば、落下地点に着目し、そこへラケットの動きなどはあとから指導するのだそうです。
そして普段から、プレッシャーがかかる場面で、多くの練習を積む様にします。

成功法則 というような 法則
も大切ですが、それよりはむしろ

「予測や予感」というようなものをコントロールできるようにしたほうが、
確実に自分に合った「結果をだすためのフロー」が
習得できるようになるのではと思います。

またこれらの「フロー」が実は,
「空気を作る」ことにも、つながるのです。。。^^♪

◆今日のしつもん_________________

◯皆様は、「結果を出す為のフロー」
の中で、「予測や予感」をトレーニングする
という意識はもたれていましたか?

是非、意識されてみてください。
特に情報化社会の現代においては、脳の使い方が
「予測や予感」が鈍化する環境になっています。

意識的にトレーニングすることで、
結果へのフローを確実なものにしていけることと思います。

私も日々、トレーニングです。^^♪

お読み頂きありがとうございます。

今週も、光溢れる一週間を・・・★

「満足」と「感動」の違い

こんにちは。

さとうまちこです。

先日ふと、Nespressoのカフェを見つけて入りました。

紅茶を頼んだら(Nespressoのカフェなのに^^;)かわいい砂時計と共に紅茶が運ばれてきました♪

分数ごとの砂時計って、いいな〜なんて思いました。

例えばこのように、顧客は

「Nespressoのカフェかぁ。。。じゃぁ、入ってみよう」

と、「Nespresso」という「認知」があれば、入りますが

多くのお店は『認知』までが課題になります。

だからこそ、広告PRは重要なのですよね。

お店の場合はやはり、ご来店頂いた時の

『お店での体験』が『有効な認知』にもなります。

 

今日のテーマは、「満足」と「感動」の違い_______

お金を支払って「満足」できなかったら、

もう買わない、もう行かない。

という「判断」を、顧客はします。

「満足」したら、「また、行くのか?」

否。

お金を払って満足するのは、あたりまえ。

だから、多くのお店は「満足」を目指しています。

ということは、「満足」していただいても

「多くの選択肢」の中に埋もれてしまうだけです。。。

ということを、「提供側」になると、どうも忘れがちになってしまう様です・・・^^;

つまり、目指すは「満足」より「感動」。

しかし・・・

「感動」って、なんでしょう?

 

ディズニーランドのようになんてできないし、

うちは、とくに変哲もないお店だし・・・など

色々思われる事があるかと思います。

 

「感動」とは、感じる。動く。

と書きます。

 

なにも、ディズニーランドのような接客や

豪華なおもてなしや突然のサプライズだけが、感動ではないと思います。

 

以前、このテーマをとても考えた時期がありました。

というのも、一緒に働いていた仲間が、「サプライズ好き」で^^;(とても素敵なことだと思います^^)

やたらお客様にサプライズをするのです。。。^^;

お客様は喜ばれるし、良いのだけど。。。

何度もそれを繰り返している時、わたしはひとり、なんともいえない違和感があり・・・

その正体を探るべく、ずっと考えていました。。。

 

そしてあるとき。気付きました。

 

感じた違和感は

サプライズが、「提供側の満足」で行なわている

ということでした。

 

もちろん「お客様のために!」と思ってやっているのですが、

本当のところで「お客さまの立場になって」いないと思ったのです。。。

 

例えば彼らは、はじめて来店されるお客様を、インターネットで下調べをしていました。(iPhone出現以前の話なので、今ほどネットが普及していませんでした)

私はそれを見たとき、理由なく「ゾッ」としてしまいました。。。**

 

たとえば私なら、プライベートでリラックスしにいくのに、

「自分が何者か」(仕事においての立場等)なんてことを知られていたら、正直くつろげません。。。**

でも、彼らにしたら「サプライズ」をするネタ探しとして、

つまり「お客様の為に」やっていることで、もちろん悪気はいっさいないのです。。。

それは「価値観の違い」でもあるので、結局私はその違和感を、そのときの仲間に伝えないままでした。

 

「お客様の為に・・・。 それは、本当に良いことなのだろうか』_______________

それからも、心のどこかにひっかかっています。

「感動」と「満足」の違い。

「満足」だけじゃだめなんだけど、

でも「感動」って、なんだろう・・・と。

 

今思うのは、感動って、「大きなこと」じゃなくてもいいんじゃないかな〜と。。。

つまり、お母さんの作るお味噌汁みたいに、

「いつもの味」に、ホッとする。

そんなちいさな「あったかい瞬間」に、大人になったわたしたちは、感動したりします。

 

実際「何に感動して、また来てくださったのか」ということは、お客様に教えて頂く事も多く、

「さとうさんが、あのとき教えてくれた◯◯を、ずっとやってるんです」とか

「マッサージの感触、あの感動がほんとに忘れられなくて・・・」とか・・・

正直、わたし自身が「覚えていないような、ちいさな事」** ^^;を、

お客様が「心に残った」と伝えてくださることが多いのです。。。

 

その度に、

あぁ・・・感動って、こちらが意図して起こすものなのではなく

お客さまが感じてくださるものなのだな〜・・・

と思い、感謝の気持ちでいっぱいになります。。。

 

提供側としてはもちろん「感動」を目指したいですが、

感動を目指しながらも、

お客様にお役にたてることを、素敵な体験をして頂く為に

丁寧にプロセスを設計し、心をこめて対話させていただくこと。

そういう「あたりまえ」を、丁寧に行うこと。

 

長く続くお店や、

リピートの耐えないセラピストは、奇をてらわず「あたりまえのことを丁寧に」行なってらっしゃるように見えます。^^

 

みなさまにとって「満足」と「感動」の違いは、なんですか?^^

お客様にとって、あなたのお店の「認知」は、

「どんなこと」でされていますか?

 

それぞれの場所で、それぞれの価値観で

豊かなお花が咲きます様に・・・^^★

加圧トレーニングをする理由

みなさま、こんにちは。さとうまちこです。

先日開催しました「接客セミナー」で、受講者の方から

「お話を聞いていると、接客も、運動みたいなイメージですよね!」とお伝え頂いた事がありました。

「そうなんです!」と思わず大きな声で話してしまいましたが、^^;

つまり、「接客も技術」と捉えた場合、

結果を出せる人は

●うまくいったパターン を自然と自分の中で蓄積していて、

故に「上手くいく為の再現性」も高いのだと思います。

逆に、「再現性」があることを、

【技術】といってもよいかもしれませんよね。

だから本当に「運動」とよく似ていると思います。

 

わたし自身、「技術を磨く」ということについて大切にしていることは、

「過信しない姿勢」と「感覚値の鋭敏性」

私自身はそれらのことを、運動をすることによって、

いつもフラットでいられるように工夫してきたように思います。

 

私の場合は、元々身弱かった身体を運動で治してきたので、運動については、25年以上「習慣化」されていますが、

もともとは、かなり無理を平気でしていました。。。(心を鍛える!目的の運動でしたので。。。^^;)

 

しかし年々単なる「運動」ではなく、「身体を使う」ことを大切にするという意識に変わっており、

身体を動かすことによって、

自身心身の姿勢 と 感覚値 について

「現状把握をしながら、リセット」をすることで、忙しくても健やかな心でいられる事を目指しています。

そして去年からはさらに、私の運動習慣に

「加圧トレーニング」が加わり、新たな感覚値が広がってきました。

 

私が行っているジムは「コスモス」という加圧トレーニング専門のジムです。

こちらのジムには普通に「マシン」があるため、加圧しながら「マシンでの筋トレ」を行なってもらえます。

マンツーマンで集中して30分の加圧トレーニングでは、なかなか追い込まれるので、毎回「もぅやだ。。。><」と思うのですが(笑)

毎回2つの視点で、気づきがあります。

1つは、「受ける側の感覚」〜コーチの必要性

2つめは、「脳の可動域を広げる」〜出来る範囲を決めつけていることに気づく ということ。

1つめの「受ける側の感覚」というのは、

どんな「サポート」をしてくださるかによって、パフォーマンスが変わる ということが「改めて解る」ということです。

私のコンサルティングは、コーチングも行なっているため、まさに「サポート」を相手に適した形にしていかないと結果が出ません。それには、サポートを受ける側に立つ ということも、重要な事だと常々思っています。

2つめは、「脳の可動域を広げる」ということは、

あ〜〜もう限界!と思ってから,さらに行ける!という筋トレ独特の(笑)瞬間の壁を超える事で、常日頃、そこまで限界は超えていないのだな〜と、改めて、気付く。。。

だったら、もっとできるじゃん!と。^^;笑

まぁ、実際の生活では、そこまで追い込んでいたら、ちょっと変な人なので(今でも充分変だと言われていますし^^;)そこで気付いて、さらに日常をきつくするとかまではしなくとも^^;

大切なことは、

「限界値を超える感覚」を「体感する」ことだと思います。

 

いつだって、進化していくには、脳と行動の可動域を広げていくことが必要です。

それには「体感」が一番重要。

私にとっての加圧トレーニングは、

脳の可動域を広げるストレッチでもあります♪

 

写真の左側に映っているのが、と〜っても信頼している

コスモス中目黒店の店長の市川さんです♪

(写真が切れてしまい、もうお一人のお顔が見えず・・・ごめんなさい。。**)

何事もですが、お相手に対する信頼がないと、サポートされたくないし++、サポートできない。。。

信頼できる方々に出逢えてるって、幸せだな〜と思います♡

今回の皆様へのしつもんは、


 

【ご自身の「脳の可動域」広げる工夫されていますか?】

弊社のコンテンツ「売上と接客力の上がるサロン学」も、皆様の脳の可動域を広げるツールでありたいと思って作っています^^♪

ではでは引き続き、

素敵な春時間を・・・♪

 

ページトップへ